ホームへ戻る
大工亀ちゃんのこだわり造家計画
<<お客様の家 目次ページに戻る


お客様からコメントをいただきました。
時には温かく、時には厳しく!お話していただけました。
その言葉を素直に受け止め、今後の糧としていきます。

T様邸 新築工事(鈴鹿市)06.10.19up

T様ご家族能登まで一緒に材木を見に行った事。製材屋、材木屋と建築主が顔を合わせることは滅多に無い事なので、貴重な経験でした。

他にも信楽に洗面ボウルを探しに行く等々、色々顔を出しました。

一番の思い出は上棟式ですね。家を建てるなら餅撒きは、やらなければ損ですよ。多分、チャンスは一生に一度です。屋根の上から撒く時の晴れがましい気分はこの上なしです。準備はちょっと大変でしたが・・・。



外観

◆良かった事
「家」という結果だけでなく、建てる過程を楽しむ事ができた。
一般に「家を買った」という表現がありますが、ちょっと違って 「家を建てて貰い、職人の皆さんの技術を買った」という感じです。
技術の向上と未来への伝承にほんの少しですが役に立てれば出したお金も惜しくないですね。 と、お弟子さん達にプレッシャーを与えてみる(笑)。

◆悪かった事
その代わり、打ち合わせに時間かかりました。
幸い、私の仕事は都合がつくのでよかったのですが、 忙しい人には厳しいかも。
自らの反省ですが、ノートを作って常に持参しないとダメですね。
打ち合わせの案件が多く、後日、決まったことの1割(2割?)くらい忘れてしまいました。(苦笑)


T様邸のダイニングテーブルや
座卓、洗面所等の手作り家具は
こちらの「手作り家具」のページ
材料、大きさ等を詳しく掲載しています。
是非ご覧ください。






常々、大変な仕事だなと思います。
建て主(私)より家の事を考えてくれている感じ。

気晴らしに、仕事忘れて
たまにはツーリングにでもいかがでしょう?
東北でも北陸でも・・やはり仕事絡みになっちゃいますか(笑)。

 


今後のお施主さんへ
工事を理解し、工期には余裕を持ちすぎるくらい持って、それでも自然が相手。遅れる時もあります。
先ほども書いたとおり、結果のみを求めず、経過を楽しめば工期には寛容の心が持てます。

 


久しぶりの設計施工で、大工が造る、少しあか抜けた家ができたと思います。

施主さんの要望書が一冊のノートになっていたのが面食らいましたが、そのひとつひとつが、うまく??建築の方にブレンドされ溶け込んで言ったと思います。

赤松で計画していたものが、急きょ能登ひばに変わってしまったのは良い意味でサプライズになりました。

丸い壁や、丸い窓、石の飾り棚、みんなめんどくさがってやらないことにも挑戦できたし、ほんと、施主さんにはお世話になりました。

外壁は一階が能登ひばタテ板貼り、二階が土佐漆喰半田仕上げ、屋根は切妻で降り棟で葺いてもらった、結構重厚な瓦葺です。


<<お客様の家 目次ページに戻る


ページ上部へ

〒510-0873 三重県四日市市貝塚町池端145-32
楽しむ家造り、伝統の家造り 造家工房・亀井
TEL 059-347-6067・FAX 059-347-6068
新築だけではなく、リフォームのご相談も増えています。お気軽にお問合せください。